前へ
次へ

ヘアケアの基本はブラッシング

ヘアケアにお金をかける前にブラッシングを見直すといいと聞き、さっそく始めてみました。
ブラシの毛が硬くなく、地肌を傷つけないものがいいようです。
朝の身支度でブラッシングをするのは今までもしていましたが、お風呂でシャンプーをする前にもブラッシングをしています。
これには少しコツがあり、毛の流れの逆にとかすのがポイントです。
まず額からつむじに向けてとかします。
程よい力で何度も回数を分けると、頭皮に負担がかかりません。
それから耳の上からつむじにかけてとかします。
ここは凝りやすい場所で、なかなか気づきにくいのでブラッシングでマッサージできます。
最後にうなじからつむじにかけてとかしましょう。
ゆったりと時間をかけると頭皮がマッサージされ、表面がポカポカしてくるのを感じます。
シャンプー前にとかすことで髪のもつれやホコリも取れるので、汚れを流しやすくなります。
ヘアケアのためにブラッシングを始めてから血流が良くなった分、髪の艶が回復した気がします。

Page Top